スマートメーター設置を前倒し 東電、20年度までに2700万台完了


SankeiBiz 10月29日(水)05時00分配信

 東京電力は28日、電力使用量を30分ごとに把握できる次世代電力計(スマートメーター)の設置を当初計画から3年前倒しし、 2020年度までに管内全体で約2700万台の設置を完了させると発表した。あわせて同日、家庭用エネルギーデータ解析を手がける米ベンチャー、 オーパワー(バージニア州)と業務提携することで基本合意。スマートメーターで得たデータを活用して節電策を助言する新サービスを14年7月から開始する。
 東電は14年度からスマートメーターの設置を本格化させる計画。初年度は190万台を設置する。新たな計画では16~18年度の3年間に年570万台ずつ設置するなどして 期間を短縮する。
 オーパワーは米国など8カ国で、約90の電力事業者と契約し2000万世帯以上の家庭用エネルギーデータを管理している。 東電は業務提携により、家の間取りや人数が似通った家庭や近隣世帯と料金を比べ、節電策や最適の料金プランを提案するサービスの提供が可能となる。

Copyright(c) 2011 Cost-c.com All Rights Reserved.